賃貸制度の敷金とは何か

賃貸の制度ではよく敷金という言葉が出てきます。
この敷金というのは借り手が物件の貸し手に入居時に支払うお金のことです。
このお金は賃料の滞納などのときに使われるもので、担保として支払うものです。
そのため、物件を退去する時には返ってくるというのが基本です。
ただ、今の日本の現状ではほとんど返ってこないのが現状です。
それは、このお金が原状回復の費用として使われるからです。
ほとんどのケースで退去後にはクリーニングを行いますから、その費用を敷金から差し引いたお金が借り手に返ってくるといったことになっています。
このような制度が生まれたのは、日本の高度経済成長期と考えられます。
当時は極度の住宅不足の時代でしたので、物件を貸してもらえるというのは非常にありがたいことで、借り手はその物件を貸してもらえる感謝の気持ちを敷金という形であらわしたようです。
これが現代まで引き継がれる制度となって今のようになったと考えられます。

金沢市 矯正歯科

心の病を一緒に治しましょう。

https://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp101506/theme.html

https://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp101506/outline.html

ホテルやリゾート、レストランでも使用される上質なモダン家具